‘日記’ カテゴリーのアーカイブ

初心者向けのグリーンスムージーの方法

2017/08/29

グリーンスムージーって実は自分でも作る事ができる事を知っていますか?
こちらでは初心者向けの作り方を紹介します。

リンゴ・バナナ・キウイが入ってフルーツたっぷり、甘くて飲みやすいスムージーレシピです。
初めてのグリーンスムージーは、青臭く感じる人も少なくないと思います。グリーンが多い方が多くの栄養素を摂取できそうに感じてしまいますが、長く続けることが大切なのでフルーツの割合を多めにした飲みやすいものから始めると良いでしょう。
水菜はくせがないので初心者にもおススメ。野菜が苦手な人は、水菜の量を減らしてスタートしてみてください。ドロドロした感じが苦手な人は、水の量を増やすと飲みやすくなると思います。
材料のフルーツ・グリーンをカットしておきます。
バナナは皮をむき、適当な大きさにカットします。
水菜は洗って水気を切り、根本の部分を取り除き、適当な大きさにカットします。
キウイは皮をむいて、適当な大きさにカットします。
リンゴは芯を取り除き、適当な大きさにカットします。

材料と水をミキサー(ブレンダー)に入れ、ミキサーのスイッチを入れ、よく混ざったら完成です。フルーツたっぷりでとても飲み易いですよ。

オルニチンの副作用

2017/07/14

しじみなどにたくさん含まれているオルニチンですが、こちらに副作用はあるのでしょうか?
こちらでオルニチンの副作用について紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オルニチンというのは非常に体にいいのですがだからといって摂取すればするほど体が良くなっていくわけじゃありません。

やはり何事にも器とその限界というものがあって、人間の体の限界量を超えるオルニチンを摂取してしまったらやはり副作用があるのです。
オルニチンを摂り過ぎることによって、お腹が緩くなって腹をこわすといったような副作用に見舞われることがあるので、しっかりと用法用量を守って摂取することが、一番体にいいです。

オルニチンの摂取方法に関してはやはり一番はサプリメントがいいと思います。胃の中でとけて効率よく吸収されるでしょう。

それ以外にも、えのきやチーズ、そしてパンといった食物にもたくさんオルニチンは含まれているので、それらを摂取してみてもいいかもしれません。
オルニチンの1日の摂取目安は500~1000mgなので、それらをしっかりと守って摂取することが大切です。

摂取量を守れば副作用はありませんので、料理などに取り入れてみてくださいね。

1日の目安量はどのくらい?

2017/06/27

乳酸菌が体に良いというのは皆さん知っていると思いますが、本当に体に良いのでしょうか?
こちらでは1日の目安量はどのくらいなのか、紹介していきたいと思います。

結論から言うと、乳酸菌は、とりすぎても大丈夫です。ただお腹が弱い方の場合には過剰摂取によって腹痛・下痢などの症状が出るケースはあります。が、その他で何か副作用が出るということはないようです。

腸内環境を改善するのに必要な乳酸菌は、1日に5000億から1兆個ともいわれています。
普通のヨーグルト1個だと乳酸菌の数は約100億。桁が違います。ぜんぜん足りていません。むしろとりすぎないとダメなくらいです。

それでも限度以上に食べ過ぎたら…と心配な人がいるかもしれません。
乳酸菌は、便として毎日排出されています。たとえ、とんでもない量の乳酸菌を摂取したとしても、一週間もたてば、体の外に出てしまいます。乳酸菌をとりすぎたら…というのは、不要な心配ということです。

とは言え、乳酸菌摂取目的でヨーグルトを1日に何個も食べるのはあまり現実的ではありませんよね。
それに、商品にもよりますが、ヨーグルトや乳酸菌飲料の中には、乳酸菌だけではなく糖分を多く含んでいる製品もあり、健康面を考えると食べ過ぎ・飲み過ぎは逆効果になることもあります。

重曹うがいの効果とは

2017/05/26

自分の口臭が気になるという方はとても多いですよね。
でも口臭ってどうしたら改善できるのか、わからない方も多いハズ。
そこで、こちらでは重曹うがいについて紹介したいと思います。

重曹は歯を白くする働きがあり、理由は研磨力が強い為です。
市販で販売されている歯磨き粉にも研磨剤は含まれていますが、重曹よりも弱いです。
表面についた着色汚れを薄く削って落とす働きがあるのです。

口臭は、お口の中が酸性になっていると臭いが発生します。
例えば、お腹が空いている時に、口臭がひどくなっている事がありませんか?
食後3時間ほど時間が経過すると、唾液の量が減ってしまい、口内が酸性になってしまうのです。

重曹は弱アルカリ性ですので、うがいする事により酸化物による臭いを中和してくれます。
就寝前や起床後にうがいをすると、お口の中もスッキリして、口臭予防に効果的です。

重曹は酸性の口内を中和させる働きがあります。
歯というのは、食事をすると口内環境が酸性になり、歯が溶けてしまいます。
けれども、唾液が出る事によって再石灰化が起こり、歯を再生するのです。

その為、食後や就寝前の重曹うがいは、酸性の状態が短くなる為に、歯が溶けるのを防ぐのに効果的です。
酸性になっている時間を減らすことで、唾液が歯を再生して虫歯予防に繋がります。

魅力的なレスベラトロールの効果

2017/05/11

レスベラトロールってご存知ですか?
実はこちらの成分、アンチエイジングにかなり期待できるそうなので、ぜひ試したいですよね。
一体具体的にどんな効果があるのか、紹介していきます。

レスベラトロールの最も魅力的な効果は、体の中の活性酸素を除去し、体が酸化するのを防ぐことです。

私達の体は約60兆個の細胞で出来ていると言われています。これらの細胞は脂肪の膜で覆われているのですが、この脂肪は活性酸素と結び付き、酸化しやすい性質を持っています。

酸化とは簡単に言えば錆つくこと。金属が空気や水に触れるとすぐに錆びてしまうように、私達の体を構成する細胞は、活性酸素に触れると錆びてしまうのです。

高カロリー・高脂質の食事や過度な喫煙・飲酒・ストレスなどによって、現代人は余分な活性酸素が発生しやすい環境に生きていると言われています。

レスベラトロールはこの活性酸素を取り除いてくれるのですから、まさに現代人が必要としている成分であり、積極的に取り入れたい成分。
レスベラトロールが活性酸素による酸化を抑制する割合はなんと70~80%と言われています。

さらに、抗酸化作用と関連して、レスベラトロールには血行促進効果があると見られています。