1日の目安量はどのくらい?

乳酸菌が体に良いというのは皆さん知っていると思いますが、本当に体に良いのでしょうか?
こちらでは1日の目安量はどのくらいなのか、紹介していきたいと思います。

結論から言うと、乳酸菌は、とりすぎても大丈夫です。ただお腹が弱い方の場合には過剰摂取によって腹痛・下痢などの症状が出るケースはあります。が、その他で何か副作用が出るということはないようです。

腸内環境を改善するのに必要な乳酸菌は、1日に5000億から1兆個ともいわれています。
普通のヨーグルト1個だと乳酸菌の数は約100億。桁が違います。ぜんぜん足りていません。むしろとりすぎないとダメなくらいです。

それでも限度以上に食べ過ぎたら…と心配な人がいるかもしれません。
乳酸菌は、便として毎日排出されています。たとえ、とんでもない量の乳酸菌を摂取したとしても、一週間もたてば、体の外に出てしまいます。乳酸菌をとりすぎたら…というのは、不要な心配ということです。

とは言え、乳酸菌摂取目的でヨーグルトを1日に何個も食べるのはあまり現実的ではありませんよね。
それに、商品にもよりますが、ヨーグルトや乳酸菌飲料の中には、乳酸菌だけではなく糖分を多く含んでいる製品もあり、健康面を考えると食べ過ぎ・飲み過ぎは逆効果になることもあります。

コメントをどうぞ